2015年05月29日

自分の目が一番信用できない

「自分の手が一番信用できない」
いつも携帯電話を探している仕事仲間の言葉です。ついどこかに置いてしまう自分の手が信用できないという彼女。
私もまったく同じです。

本当に不思議なくらい携帯電話やら家や車の鍵を見失い、玄関ドアの前や駐車場の前で鞄をひっかきまわしています。一番危険なのは駐車券で、駐車場の出口で後続の車をイライラさせてるのは私です。スミマセン

私の場合、手よりも自分の目の方が信用できない。

お客様宅の照明器具の取付の日
私が手配した照明器具の配送を現場で受け取り、職人さんに取付をしてもらう段取りでした。

佐川急便でカーテンを含む大量の荷物が届き、すべての荷物の開梱を終え、取付が済んだときに初めて器具が一つ余っていることを発見(゚∇゚ ;)エッ!?

まさかね。。。まさかだよね。。。(つд⊂)ゴシゴシ

そう、まさかでした。

ダブって注文していたのは私でした。

照明器具が20個も30個もあるならわかる
でも9個しかないのに、発注ミスをするのが私です。
何回も発注書確認したのに…です。

次に慌てるのはお客様に間違えて多く請求していないか!?
これは大丈夫。一安心です。
お客様にご迷惑がかからなければ大抵のことは大丈夫です。

残った器具は梱包も外しちゃったし返品も出来ないし、仕方ないので宅急便で自宅に送り、その日は何とか無事に作業を終えました。
「これがカーテンの採寸ミス、発注ミスでなくて本当に良かった」なんて自分を慰めながら帰ってきました。

初めてではない発注ミス
気をつけていても、何回も見直していても、見ているようで見ていない私の目
毎回やってしまうたびに凹みます。
金額の大きさで更に凹み方が大きくなります(T_T)

そして今度はもっと気をつけようって心に誓うのです。


翌日の朝、自宅のインターフォンが鳴って玄関を開けました。
宅急便が届き、本当に驚きました(゚ロ゚;)エェッ!?
前日に発注ミスをしたことも、ダブった器具を送ったことも見事に忘れていた私です。

凹み癖がついて、リカバリーの力が鍛えられちゃったのか、一晩寝るときれいさっぱり忘れる。

目より自分の頭の方がもっと信用できなかったりして…
かくして照明器具は在庫になるか、自宅で使うか思案中です。

笑うしかない ははは
そして今日も頑張る















 



naturaldesignhouse at 10:50コメント(0) 
コラム:日々のいろいろ 

コメントする

名前
 
  絵文字