2016年05月18日

押し込んであるのは今のあなたに役に立たない自己概念

今日は28回目のこころと部屋のワークショップでした。
今回のテーマは前回と同じ『変わりたいあなたと部屋の関係』でした。
image

参加された方には今の自分自身の変化が欲しいところとを分かち合っていただき、それが部屋にどの様に表れているかを一緒に考えていました。
部屋はあなたを映し出すスクリーンです。
image

 例えば、
すっと気になっている開かずのクローゼット
整理しなくちゃと思っているけど、手を作られずそのクローゼットのある部屋に行くのが憂鬱

というお話
確かにそうですよね。
気がかりに着手できないと、だんだんそれを見ることを避けるようになり、でもずっと気になっているのですっきりしない。 

SIQカードを使って、その問題が表していることの心理的な意味を読んでいきます。
このカードは引いた人がその言葉から気づいたことを語りだすという効果があり、語りながらどんどん気づいていくところがすごいのです。

押入れや納戸など普段頻繁には開けない収納スペースは、無意識を表すといわれています。
何かを隠したい、足りないものを何かで埋め合わせたい、そんな深層心理の欲求がそのスペースをもので埋めて、更にそれを隠したいという自分でもなぜそうするのかわからない願望と行動になります。

扉の向こうにしまい込んでいるのは、もしかしたらもう役に立たないあなたのネガティブな自己概念かもしれませんね。
自己概念とは「自分がどんな人間であるかということについていだいている考え」のこと。

ちなみに私が自分のために引いたカードは自立とサレンダー
image

必要なメッセージは受け取るまで何回でも現れます(-_-;)
 
 次回開催は6月29日(水)10:00‐12:00
詳細・お申込みはこちら 


naturaldesignhouse at 15:23コメント(0) 
コラム:こころと部屋 | 講座・勉強会

コメントする

名前
 
  絵文字