2016年09月17日

講師とトレーナーの違い

昨日はこれから部屋づくりのプロになる方々を対象とした「こころと部屋の関係」講座でした。

2時間たっぷりと心理学の話、それからプロとしての在り方やお客様との関わり方等をお伝えしました。

この方々は育成講座を終えたら試験を受けて講師になっていく方です。お客様宅で部屋づくりの相談に乗っていく方です。 
人をサポートする仕事で最も大事なことは、「共感的な関わり 」です。

共感的に関わるには・・・とレクチャーするよりも、受講者に共感的に関わることでそれがどういうことなのかを伝える方が、なぜ大事なのかが理解しやすいと思っています。

教えるよりもやって見せる、示す、そして体験してもらう
何が違うのかを考えてもらう

そのプロセスを通らないと、多分本気で学ぼうとは思わないでしょう。
厳しい言い方をすると出来ている、やり方がわかれば出来る、と思っているうちはまだまだです。

講師は講習をするプロです。
講師は教えるのが仕事ですから、自分の専門分野のことでなくても教えます。
しかし、自分自身が理解できていないことは教えることは難しい。これは私の体験です。だから自分の専門分野を教えるのです。

自分がそれを体現することで、人を導くのがトレーナーです。
つまりトレーナーが体現できてないことは、示すとが出来ません。
幸せを体現していないと、幸せの意味を伝えられないのです。
トレーナ―はもちろん教えることもしますが、育てるプロです。

講師は教えるプロ
教えることは男性性の才能です。

トレーナーは育てるプロ
育てるのは女性性の才能です。

講師とトレーナーの違いは、優れたトレーナーは優れた講師でもありますが、その逆は必ずしもそうとは言えないかもしれないです。

私はトレーナーで、そして講師でもあります。
そしてプロを育てることが私の道です。




 

naturaldesignhouse at 17:47コメント(0) 
コラム:日々のいろいろ 

コメントする

名前
 
  絵文字