2016年09月18日

講師・トレーナーになりたいなら

私が住まいに関する仕事をする人に講座をしたり、トレーニングをするようになってからもう10年近くなるでしょうか。
 
教えているのは心理学やコミュニケーション、人との関わり方やプロとしての在り方です。
仕事の技術的なことで教えてきたのは、プロファイリングやプレゼンテーションの方法、美しく見えるスタイリング、写真の撮り方等です。
私が今までの経験を通して学んだこと身に着けたことなどで、それ以外のことは教えられないと思っています。

インテリアスクールでは劣等生でしたし、いつも寝てたし 、試験も落ちたし(笑)
建築士になるための学びも 合格したらすべて忘れたし

私には自分が実践していること、もっというと、自分の愛していること以外は教えたくないんです。そこは我儘です。

コーディネーターとして独立した15年前には、自分が教える人になるとは夢にも思いませんでした。
それがなぜ??

その理由の一つは、同業の方々の仕事の仕方に疑問をもったからです。
なんだか偉そうに見えましたし、お客様のお宅を自分の作品作りと勘違いしてる??と思ったり、不思議な感じがしました。そういう方のインテリア講座に学びに行きもしましたが。。。
疑問が文句になり、正直一緒だと思われたらいやだなとまで思っていました。

私は自分のメンターから、「あなたが文句があるところ それをやれるのはあなた」と教わりました。

そうなんです。それが今私がトレーナー・講師をしている理由です。

お客様に教えるプロではなく、お客様とお客様の住まいを一緒に育てるプロになって欲しい
そのためには、すべての住まいづくりに関わる人に、心の仕組みに興味をもってもらいたい

トレーナー・講師になりたくてなったのではなく、伝えたいこと成したいことがあったからトレーナー・講師になりました。

トレーナー・講師になりたいのなら、伝えたいことがあるのなら、それを伝えることでどんな価値を作り出したいのか真剣に考えてみて欲しいです。

あなたが作り出したい価値が、あなたが伝えたい人とその周囲の人達、自分自身、更には社会にとって本気で必要だと思えるのなら、トレーナー・講師になれます。ただしそれで稼げるかどうかは別の話。

トレーナー・講師になるから伝えられるのではなく、
伝えたいことがあるからトレーナー・講師になるのです。

勘違いされる方が多いので、そこのところヨロシク!











 

naturaldesignhouse at 08:00コメント(0) 
コラム:日々のいろいろ 

コメントする

名前
 
  絵文字